ご相談窓口

ルックでは「お客様ご相談窓口」を設け広告に関するお悩み相談を随時受け付けしております。

  • ●競合他社に勝てるようにしたい
  • ●チラシを打ってもいいお客様が集まらない
  • ●集客数の割に成約数が上がらない
  • ●もっと客単価の高い層を集客したい
  • ●広告(チラシ・新聞・雑誌広告)とWebデザインの連携がとれず集客効果が上がらない。
  • ●どこの会社とも似ていない、新しいイメージをつくりたい
  • ●家づくりの良さを正確に伝えたい
  • ●年間広告予算を効果的に効率よく使いたい

など、広告を見直すご相談が今まで多数ございます。
ぜひお悩みをお聞かせください。

はじめまして。
お客様ご相談窓口担当のシマザワです。
私達ルックは、主に住宅会社様からのご依頼が多いのが
第一の特長となっています。
長年、住宅会社様の広告づくりを通して
感じてきたことを簡単に述べさせていただきます。
現在、各住宅会社様の広告はなぜか類似性が高く
消費者には差別化点や違いが伝わりにくいと感じます。
また、ホームページでも同様の現象が見られ
小ぎれいではあるが個性がないホームページが多いように思います。
家づくりが成熟し、家づくりの内容に
差がなくなってきていることも理由の一つだと思いますが
そのような状況であればあるほどデザインによる差別化は有利になります。
また、ブランディングを強化するには
絶好のタイミングであろうと思います。
素晴らしい家づくりを世に伝えるためのお手伝いができることを喜びとし
私達をパートナーに加えて頂けるお客様のために
全力をつくします。
「小さな会社だが、親身になってくれる、頼もしいパートナー」
でありたいと思います。

[シマザワのつぶやき]

  • ●広告は魔法でもバクチでもない、ロジカルな考え方。
    長期視点で判断するのが正しい。
  • ●今しっかり業績を上げている企業、やはり家づくりと広告が噛み合っている。
  • ●お客様は「徐々に」好意を持って動くもの。
    一度の広告で「即行動」になることは少ない。
  • ●時々打つ広告より、短期間で連続する広告の方が有利 !?
  • ●1月~3月は本気の見込み客が動く時期。
  • ●高額層の見込み客は11月が集客時 !?
  • ●お客様が動き始める前のイメージ広告、動いている時の集客広告。
  • ●広告はやれる時じゃなく、やるべきタイミングでやるのが基本。
  • ●品のない広告はお金をかけて悪評宣伝するのと同じ
    未来のいい見込み客をどんどん失っている!
  • ●業績を上げるのは「人間力」と 「よい家づくり」。
    広告はその手前までお客を誘導するのが役割。
  • ●広告で集客数は予測できない、しかし客層はコントロールできる。
  • ●1枚のチラシだけで大成果が上がった単純な時代は10年以上前に終わった。
  • ●しばらく広告を続ければその後はしばらく広告なしでも仕事が集まる !?
    しばらく広告を中断すれば、その後はしばらく広告をしても集客が
    思うようにいかない !?
  • ●広告は「今のお客様」と「未来のお客様」の両方に見られている。
  • ●広告で信頼を落とすのはたやすいが、回復には時間がかかる。
  • ●めずらしい、稀少な家ならば遠方まで集客が見込める !?
  • ●広告では成果が上がらない時代?いやいや昔より手間がかかるだけ。
  • ●「誰も打たないなら打つ」は理にかなった広告手法!?

▲PageTop